2009/04/06.Mon

冷蔵庫の春

巷で桜の話が飛び交い、我が家でもここ数日の暖かさでクロッカスが満開になった。

そして、冷蔵庫の中にも春が!

どこからかタケノコが届いた訳ではない。

冷蔵庫の中がぬくぬくなのだ。

あちこち叩いてみたが翌日になっても冬が戻らない。

しかたなくメーカーのサービスをお願いした。

基盤が駄目で、修理不能だって号泣

部品がありません、って号泣

18年目だから文句が言えない。

(おまけに無料でした。)

18年、6人家族を支えてくれたありがとう

早速電気屋に行き、一応時流に乗って省エネタイプを購入。

18年の功績をたたえて前回と同じメーカーにする。


さて、構造がよく理解できないのだが、冷凍庫はちゃんと冷えている。

で、氷を作って、冷蔵庫に入れて冷やす。

これって、昭和30年代前半にあった冷蔵庫だ。

物心ついていた年代なので、木の箱の上の段に氷を入れて使っていた冷蔵庫を見た記憶がある。

ときどき冷凍庫も休憩する。

魚、肉は塩漬け、味噌漬け、酒漬け・・・。

これって江戸時代?

水曜日に新しい冷蔵庫が届くまで、こんな生活です。


話かわって、我が家のはんちゃんはテレビ好きだ。

なかでもネイチャー系、殊に日曜朝7時45分からの「さわやか自然百景」はお気に入りだ。

その時間になると、かぶりつきに鎮座して、15分間じっと見ている。

いや、たまに鳥など映るとじっとせず、飛びかかっている。

今日は雲海にうっとり。



背中左側の色違いはストーブによる焼け焦げ痕。









2009年5月以前 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 春の山 | HOME | 新年度開始 »