--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2018/02/22.Thu

鳥たち

寒すぎる。
暑いのがからっきしダメで夏にはただヘロヘロしているだけ。
冬になれば「寒くても動けば暖かい!」と偉そうに言っていたが、この寒さには負けた。
2月中旬にドカンと雪が降って、その後ずーっと寒い日々。
道路が轍付きのスケートリンクになっている。

今年はレンジャクの訪れが多いらしい。
情報を聞いて、あちこち行ってみたが、お会いできない。
と思っていたら、自宅から徒歩2分、ゴミを捨てに行った場所に居た。
残り柿に群がっているムクドリたちに「上品にしてね。」と声をかけたとき、なんか頭がおっ立っているヤツが混入していることに気づいた。
「レンジャクだ-!」
慌ててカメラを取りに家に戻り、再びゴミ捨て場所へ。
途端、ムクドリ混ざりレンジャクが飛び去った。
ということで画像なし。

替わりにこれ。
キレンジャクRIMG3346
ちょっと可愛そうだけど。
某所で、はく製作成講習会がある日の朝、天から落ちてきたそうだ。
で、その施設所長が嬉しそうに講習会に参加、有効利用してできた作品。(未完成。乾燥中。)
しかしこの羽の色はなんとしたことだ。
神様のセンスに拍手を送りたい。
そして、図鑑や双眼鏡ではわからない↓この部分。
wax wingRIMG3346
ヒレンジャクにはなくて、キレンジャクだけの模様だという。
これが英名「japanese waxwing」の由来なんだって。

追加は先月高松の池でお会いした鳥たち。
RIMG3295マガン
ハクチョウにいじめられても我が道を行っていたマガン。

RIMG3297 コガモ
高松の池ではそこそこ珍しいコガモ。

その他イキモノ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。