2014/12/16.Tue

闘い済んで

日曜日、どさくさまぎれに衆議院選が終わった。
投票はちゃんと行ったよ。( 毎度の死に票だったけど。)
と、偉そうに言いたくなるほど投票率が悪い。
が、投票所のツルツル床を、家族の助けを借りて慎重に歩いているお年寄りを見ると、思わず「無理しないで!」と言いたくなる。
631億円使うのなら、自分の都合でなく、誰もが参加しやすい時にして欲しい。

さて、どの候補者に1票を投じるか。
選挙公報を睨んだり、過去の言動を思い起こしたり。
これについて実家の母にお尋ねすれば、おそらく即答。
「顔よ。」
ここがすごい。
別にイケメンの必要はない。
「いい人っぽい」のも無意味。
88年の経験と勘とに培われたするどい洞察力が決定する。
結構当たってるんだな、これが。
ただ、「この人よろしい。」より、「この人は大嫌い。」を選ぶ場合の方が冴えわたる、というか燃えるようだ。
そして、これまたすごいことに嫌いと決めた人は新聞に載った顔写真を黒マジックで塗りつぶす。
AさんとかIさんとかがこのターゲットで、実家の新聞がいささか怖い。

盛岡に来て、大変お世話になった方が一昨日亡くなった。
数年前からの心労が寿命を縮めたようで、今更ながら何もできなかったことが申し訳ない。
ご冥福をお祈りします。
チョウチョが好きだったその方を偲んで
P6080028ウスバシロチョウ ウスバシロチョウ


ボヤキ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示