--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2014/09/06.Sat

コショウ

いや、ペッパーでなはない。
我が家の猫最古参コショウさん。
15歳で、かねてより口臭がきついと思っていたが、口が痛いらしく食べることも不自由そうだ。
月曜日に獣医に連れて行った。
抗生物質を注射してくれるが、改善が見られない。
火曜日、また連れて行く。
もっと強い抗生物質を注射してくれた。
改善が見られないだけでなく、足腰が立たなくなった。
本質的に医者というものをあまり信用していないが、かといってトッカエヒッカエというのも主義でない。
とはいえ、歩けないコショウを見て「こりゃいかん。」と、水曜日に別な医者に連れて行った。
結構丁寧に見てくれて、よく暖めてやるように、というアドバイスも受け、栄養剤などの点滴もした。
木曜日、点滴のために朝一番で又連れて行く。
待っている間に抱いてやっていたら、もともとの甘ったれ爺さんネコが、小さい声で「ニャア」と鳴く。
大丈夫、良くなるからね。
点滴ってのは滴々と時間をかけてするものだと思っていたが、大きな注射になみなみと3本も一気に注入した。
家に戻って湯たんぽでぬくぬくにした段ボールに入れ、タオルをかけてやった。
そして仕事に行き、夕方帰ったら死んでいた。

心の準備が全くできていなかった。
朝、パンにマーガリンを塗っていると、「くれー」と膝に手を置いてきたコショウを思う。
出汁をとっていると、袋の音だけで「かつおぶし!」と駆けてきたコショウを思う。

昨日、火葬にした。
お骨箱で満員になった本棚だけど、仲良しだったはんちゃんと一緒になれたかな。
遺影を飾ろうと探したが、黒い猫は写真写りが悪く、なかなか良い写真がない。
ようやく見つけた正面顔がこれ。

こしょうRIMG0067

3年前のウサギ年年賀状用写真だ。
そしてその近くにはいろんな懐かしいウサギがいた。
はんちゃんRIMG0051 うさぎねこRIMG0069
うさぎいいぬRIMG0084
高知出身のコショウもハンチャンもブナも皆星になった。
今いるのは若干性格に問題があるヤツばかり。
RIMG1643.jpg
気のいいコショウも結構ストレスだったことだろう。
寂しい。


イヌ・ネコ | Comments(1) | Trackback(0)
Comment
No title
寂しい。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。