2014/09/01.Mon

こんな日もあるさ

朝、久しぶりに全身を現した岩手山を拝んだ。
今日はきっといい日になる!

本日も畑。
白菜の畝を作らなくては。
トマトの収穫も、インゲンも、オクラも。
そうだ、落花生の土寄せも必要だな。
人参の芽が出てこない。
種が古かったからかな。
新しい種を買ってから行こう。

行きがけにホームセンターに立ち寄り、人参の種と、毎度猫餌を買いこむ。
そして、道に出た途端、「止まれ」の旗を持ったお兄さんが駆けより、何やら言っている。
訳のわからぬままに導かれた道路に入った。
そこには4台のパトカーと7人のお巡りさんがいた。
どうやら一時停止違反らしい。
全く理解できないまま違反切符を切られた。
こう見えても数十年違反なし、人生で違反切符経験がない。
意味がわからん。獲物狩り状態だ。

非常に不快なまま畑に行ったが、ふと免許証がないのに気づく。
あれ?渡されてどこにしまいこんだんだろう。
探しまくるが見つからない。
そこへ電話が。
「東警察署○○ですが、申し訳ありませんこちらのミスで免許証をお渡し忘れました。」
畑までお届けくださったよ。
不快感が再燃。
「えっと、ここまで来たとき免許不携帯だったからその分の切符も切られるわけですね。」
「それはこちらのミスですから。」
「でも、わかっていて見逃すのはどんなもんでしょうね。
そもそもそんなミスをするんだったら、さっきの一時停止違反も見間違いだったのでは?」
「それとこれは別問題です。大変申し訳ありませんでした。」
なんの足しにもならない厭味を言って、少しだけ溜飲を下げた。

さて、収穫して、白菜畝を半分作り、落花生に土寄せし、運転席の物を取ろうとしたら、
車の鍵がない!
思いつく所を片っ端から探すが、ない

友人1に電話した。(携帯を持っていたのは不幸中の幸いだった。)
出ない。
友人2に電話した。
出ない。
家人に電話した。
いない。
考える。
仕方ない、地主さんに電話した。
「おう、少し待ってろ。」
お迎えに来て下さり、自宅まで合鍵を取りに帰り、そしてまた畑まで送ってもらった。
ということで、とりあえず一見落着。

この地主さん、こう見えても県の木質バイオマスアドバイザーです。
地主様RIMG0158

小作人たちの働きが悪いので、耕運機はかけてくれるし、見かねて草刈りもしてくれる。

その上、リンゴも小作人に分け与え、プルーンも。
プルーンRIMG0159 プルーンRIMG0160

地主さまと呼んでいたけど、最近は「良い領主さま」と改名している。
領主さまに送迎までさせちゃった悪い小作人です。


ボヤキ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示