2014/07/13.Sun

朝のフィールド

昨朝は久々の地震警戒音に度肝を抜き、飛び起きた。
大きな津波が来なくて、本当に良かった。

もう一度寝るには中途半端な時間で、朝の時間がたっぷりあった。
そんな時はマイフィールドへ!
しばらくぶりだ。
ブナが生きていて、フィールド近くに住んでいたときは毎日通った道なのに。
いろんな虫たちが迎えてくれた。

お馴染みの鼻長はしっぽが巻いていないからメスかな。
ヤマトシリアゲ♀RIMG0767 ヤマトシリアゲ

クズの蔓にはこれもお馴染み
オジロアシナガゾウムシRIMG0775 オジロアシナガゾウムシ
うーむ、どうしても「アシナガ」に納得できない。

ムラサキシキブの葉裏にはお約束の
イチモンジカメノコハムシRIMG0756 イチモンジカメノコハムシ
お前、顔どっち?

これまたお約束のサワフタギにつく
シロシタホタルガRIMG0761 シロシタホタルガ
いつも見るのは幼虫だが、珍しく羽化している親を見ることができた。

さて、虫屋さんというのは常人では理解しがたい部分がある。
カメムシをひょいと手に取って、鼻さきに突き出し、
「ほれ、これは臭いというより酸っぱい匂いでしょう?うふふ。」
それから、
「サシガメって刺されると痛いんですよね。細胞を溶かす薬を注入してくるんです。刺す痛みだけじゃなくて。」
と言っている顔がものすごい笑顔。

そんな訳で、カメムシに特に興味がない。
だけど、こんなヤツを見ると、むむ、かっこいいなぁ、と惚れ惚れしてしまう。
ハサミツノカメムシRIMG0768 ハサミツノカメムシ
それにこれ、きっと蟹の仲間だと思う。
カメラを向けたら、さささっと横歩きして、擬木の上から下に回り、そのまま落下した。

もう一種アオクチブトカメムシらしきのにもお会いしたけど、こちらはもっと横→下→落下が早く、写真が撮れなかった。
次の機会が楽しみだ。
ムシ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示