2014/07/10.Thu

パッケージボイラとジャンボ

雨が降っている。
ちょっと降り過ぎだけど。

総会の案内を発送し、その後はひたすら畑の雑草と闘っていた。
今日は小休止だ。
ひさしぶりにブログの更新をしようと思ったら、管理ページの様式が変わっていて慌てた。
日々進歩する世の中に、常に追いつけずにいる。
ま、成長する雑草にも追いつけないでいるけどね。

さて、業務連絡です。

21日は総会で、その後15時から相川高信氏による講演会があります。
[参考]「日本がバイオマスを利用するには新しいやり方が必要だ。」
これは必聴(という言葉があるのか?変換しなかった。)です。
相川氏は若い感性で、古いと言われがちな林業界を木質バイオマスの分野から検証します。

29日(火)午後15時からは矢巾の流通センターにあるオヤマダエンジニアリングにてパッケージボイラの見学会を行います。
詳しくはこちら↓から。
岩手・木質バイオマス研究会イベント情報

このボイラ「呼び名はまだない。」ので、愛称を募集中とか。
ちなみに、中身だけのボイラ名は「エコモス」。
となると「ボックスインエコモス」?
いや「家付エコモス」はどうだ?
研究会サイトにはアップしなかった写真をご紹介します。
パッケージボイラRIMG0727
ボイラにたかる研究会代表と、オヤマダエンジニアリングNさん、Iさん。
右側のものものしい装置はチップのタンクです。(オプション)
チップをいかに効率的にボイラに流し込むかが、結構キモだそうです。

Iさんはこんなステキな笑顔写真もあります。
パッケージボイラRIMG0729

この後、チップの良しあし、チッパーの使い勝手、社員の増強の難しさ、などいろいろ話して解散しました。

家では中でパニック(動きはないけどウーウー声だけ騒いでいる。)、外で挑発。
2分間以上退屈な動画です↓

    ]    
ジムキョク | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示