--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/01/25.Fri

雪の道

一昨日のこと、しばらくの晴天と低温続きで、これはナイスなコンディション!と鞍掛山に登る。

案の定、踏み固められた登山道は尻滑りに最高だった。

昨年、やや緩んだ雪道で、腹筋の痛みを耐えながら降りた場所でもスイスイ滑り降りる。


そして、予報通りに昨日は大雪だった。

近頃、天の神様は横着を覚えたらしい。

まとめ降りってヤツ?

除雪車がなんとも心強い。


松園地区は年齢層が高く、毎朝散歩をしている人もこういう雪の日は楽なコースを選ぶようだ。

いつものコースに足跡がない。

新鮮な雪道に最初の足跡をつけるのは、なかなか快感である。

が、すでに誰か通った跡。

↑わかりにくいが、キツネ君らしい。

四十四田にはカップルらしい跡も。

途中まで一緒で、ちょっと離れて・・。

何を話していたんだろう?


これだけ積もると、無粋な法面工事も雪で覆われ、岩手山がいい感じだ。

そして、今日はよく冷え込んだ。

運転には最悪のコンディション。

朝、娘をターミナルまで車で送っていくのだが、今朝はシフトダウンして、ずっと手前から減速していたのにもかかわらず、「ひえーっ!」という叫びと共に駐車場を通り越し、その先のコンビニにようやく滑り込んだ。

昼前に同じ所で、50mほど前の車が大きく左右に揺らいでいて、その後の車が一斉に超安全運転になっていた。

こんな道でも、たまにやたらお急ぎの車がいる。

後ろであおってくれる車、近づき過ぎてナンバープレートの「高知」の2文字が見えんがやないが?

上等やねぇ。

かまんき、へんしも追い抜いとおせ。



2009年5月以前 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。