--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2014/03/04.Tue

好きこそ物の上手

この季節のお楽しみは‥‥。
宮古のH氏に電話した。
「ワシタカどうですか?」
「何?そっちの趣味があったのか?」
↑その台詞をそのセンテンスだけで聞くと誤解されます。

土曜日に行って来た。
H氏の御案内は素晴らしい。
まずはオジロワシを見ることができるポイントを教えてくれた。
「道路から行くと逃げられるんだよ。こっちの林からそおっと近づくんだ。」
「あれがねぐら。やっと見つけたんだ。」
「あ、釣り人がいやがる。あいつらいたらもうダメだ。」
「震災前はいい観察場所だったんだよ。でも河畔林が津波で流されたり枯れたり、その上工事で重機入っちゃったからな。」
「1時にさし網のトロール船が入ってくるから、そこで見られるはずだ。」
車で移動中にH氏の携帯が鳴った。
「え?いる?待たせとけ!」
H氏のお仲間のおかげで木にとまるオオワシを発見。
突然カモメ達が騒がしくなったところで、オオワシが海の上をすばやく飛んだ。
そして見失う。
その途端H氏が叫ぶ。
「早く車に乗って!行くところわかってるから。」
車に飛び乗る。発進!
全力で疾走、突然脇に入る。
あれ?前にも同じコースを疾走する車がいる。
車が停まって、H氏が指さす先には
おおわしIMG_0479
おおー。カラスと比べるとその大きさがよくわかる。
そして近くには先ほどの前行く車の運転手がカメラを構えていた。
いや、それ以外にもバズーカレンズをつけたカメラを持つ人が一人ならずじっとオオワシを狙っている。
おおわし&たらIMG_0482
オオワシ君、食事中。本日のメニューはタラの活きづくり。
海上をすっと羽ばたいた瞬間の収穫物だ。
その瞬間を見そこなったけど。

さて、翌日H氏にお礼の電話をしたら、
「今朝は5時から来てるよ。
あ、昨日あの後オオワシとオジロワシが一度に出てね。
いやはやカメラで捉えるのに苦労しちゃったよ。」

そして昨日届いたムシ屋さんN氏からのメール。
「(前略)
あまり期待しておらなかったセッケイカワゲラは4時間で5回ほど遭遇。何とか撮影が出来ました。
(中略)
気が早いかも知れませんが今年の予定をひとつお知ら致します。
天候次第ですが4月19日夜、再びイボタガに挑戦したいと思います。
(後略)」
よっしゃ、4月19日、空けておくぞ!
そうそう、昨年のイボタガ探索、私は寒さでギブアップしたんだっけ。

いいねぇ、そっちの趣味に生きるおんちゃん達。



その他イキモノ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。