--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2014/01/21.Tue

鏡餅

お年玉年賀はがきの当たり番号も発表になり、さすがにお正月気分は抜けているはずのこの時期に、鏡餅の話題。
あ、ちなみにお年玉年賀はがきは6枚当たっていた。
もちろん全てビリの切手セットだ。
この結果を鑑みるに、宝くじを買うのはアホくさい。

毎年餅つきのときに、各家庭1セットずつの鏡餅をつくる。
最初の頃は結構大型だった。
現在は学習してほどほどサイズ。
鏡餅RIMG0244
どうだ、もっともらしいぞ。(そうでもない?)
お三方は実家から先祖伝来(と言ってもせいぜい曾祖父くらい)の品をもらって来た。
由緒とも格式とも縁のない先祖なので、どうみても値打ちものではない。
子供の頃、このお三方には陶器の鏡餅が乗っていて、それが年々ほこりを被って薄茶色になっていた。
ある年、何かのはずみでその陶器製鏡餅が割れ、それをセメダインで補修して更に数年使っていた。
セメダイン部分が妙な色をしていたことを記憶している。
金継ぎならぬセメダイン継ぎ。
年末に実家に行ったとき、これを発見し(さすがにセメダイン継ぎの鏡餅はすでになかった。)いただいてきたという訳だ。
てっぺんのミカンは柚子。
サイズ的に手持ちではこれしかなかった。
葉っぱは落ちちゃった。
そもそもこの写真をとったのが、鏡開きのときだから、柚子しわくちゃ、お餅にはヒビも入っている。
下に敷いている紙は、油こし紙。

鏡開きのあと、そのお餅の行く末が頭の痛いところだ。
最初の年、適当に割って、えいっと油で揚げたらすんごいことになった。
鍋の一面に浮かぶ巨大油餅座布団。
今年は割った後吊るして乾かし、それを更に細かくして低い温度でじっくり揚げてみた。
かき餅RIMG0305
高カロリーお餅を油まみれにした、超高カロリーかき餅のできあがり。
元来高カロリー食物は好物なので、作るそばからつまみ食い。

昨年の4日間絶食で2kgほど体重が減ったが、フェイスラインがすっきりした(正しくは、頬だけこけて益々貧相な顔立ちになった。)だけで、CTスキャンで指摘を受けた皮下脂肪は変化したように感じなかった。
その後、着実に体重は復活、がフェイスラインはそのまま。
つまり皮下脂肪が厚みを増した。
かき餅食べて、只今自分を更に肥育中。




ボヤキ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。