2014/01/04.Sat

砕氷船

長いお正月休暇で精神も身体もだらけまくり。
(あ、いつもか!)
気合いを入れるため、雫石まで鳥見に出かけた。
寒くて昼食だけ食べて早々に退散。
気合い全く入らず。

午後からお日様が出た。仕切り直して近場高松の池に出かけた。
池には薄っすら氷が張っている。
メンバーは毎年恒例カルガモ、オオバン、ハクチョウ、
そしてキンクロハジロ、オナガガモ、マガモ。
面々RIMG0209
何故かミコアイサは♂1羽、♀たくさん。

さて、氷の張っている所をカモたちはどう移動しているか?
何せ彼ら(彼女ら)は陸海空どこでも移動できる能力を持っている。
ただし、陸を歩くのはヨタヨタぺたぺた。
空はスムーズだが、いささかエネルギーを消耗する。
やはり水かきを活用して進むのが早くて楽チンだ。
が、氷が張っているのだよ。

まず、重量級のこいつらが砕氷船となる。
白鳥RIMG0206
その後を一列走行。
karugamoRIMG0207.jpg

人間は横の道をヨタヨタぺたぺた歩いたので、おかげさまで身体に気合いが入りました。
ちょっとだけ。


その他イキモノ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 仕事初め | HOME | 年末年始 »