2013/11/10.Sun

日独バイオマスデー

週間天気予報をみてビックリ!
雪マーク!
最高気温が5℃で最低気温が氷点下!
11月半ばからそんなことしちゃいけないよ。

さて、先週日独バイオマスデー盛岡会場版が開催された。
心の準備に手違いがあり、何かと参加者にご迷惑をおかけしてしまった

事務局ならではの裏画像でご紹介します。
まずは前日の視察から。
紫波町オガール。
日独RIMG1744
寒風の中、立ちっぱなしで説明する産業部長と、熱心に聞くドイツからの講師陣。

日独RIMG1757
2階ホールの説明では、日本の木造建築に質問が集まっていました。

が、真剣な顔が一転して楽しげに
日独RIMG1762
産直でリンゴやラ・フランスのお買い上げ

ここでまさかのタイヤパンクで、リタイヤの事態と相成りました。
ご一行さまは遠野、釜石と視察して、予定時間を大幅に延長し、盛岡に戻られたのは7時過ぎでした。

翌日は本番、シンポジウムです。
受付DSC01315
受け付けは岩大生がみごとに勤めてくれました。

日独RIMG1769
おおっ、トラブル発生か?
主催者などが演台に集まっています。
いや、何事もなく(男子トイレ個室が壊れていたのにはあせったけど。)終了しました。
会場は常に満席で、木質バイオマスへの関心を感じるものでした。

懇親会は道路の渋滞などの影響を受け大幅に遅れて開始したものの、つつがなく終え、おそらくヘトヘトの東京組(ドイツからの御一行を含め。)は最終の新幹線で帰京されました。
大変お疲れさまでした。

今朝、まだ薄暗いうちにフェンス越し隣の敷地に出没した見慣れぬヤツ。
近所猫RIMG0025


ジムキョク | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示