2012/11/30.Fri

特殊伐採

宮古の友人から電話があった。
「盛岡でケヤキ伐ってんだけど、薪にいらねえか?」
即答、「いる!」。
早速現場に駆け付ける。
ほお、これ特殊伐採ってやつね。
伐採RIMG0009

噂には聞いていたが、実際見るのは初めてだ。
クレーンで吊った枝(と言っても、太いところでは50㎝以上ある。)の下を、高所作業車に乗った人がチェーンソーで伐る。
伐採RIMG0012
6人のチームで、伐る、クレーン車を操る、下した木を処理する、ユニック車を操作する、どの人も素晴らしい技の持ち主だ。
皆、結構良い年のおんちゃんだけど。

で、軽トラ3杯分の良質薪をいただきました。

ただ、素人が軽トラで運べるのはほんの一部。
積むRIMG0017
↑これは積み始めなので、この数倍の木質バイオマスが有償廃棄物として処理された。
あードナドナドーナ。
決して手をこまねいて見ていた訳ではない。
薪を扱っている業者さんにも声をかけたのだが、断られた。
もったいなくて涙が出る

さて、友人は別に特殊伐採を生業としている訳ではない。
原木シイタケを栽培していた。
が、原発の影響による出荷停止を受け、来年度用の植菌も止めようと思っていると言う。
以前もらった干しシイタケの肉厚でおいしかったこと。
悔しい。

景気の維持のためには、原発をすぐに止めるなんか現実的でない!と言っているあの方この方、こういう現実はどう見ているのだろうか。
個人の問題で些少なこと、として片づけられるのか?
でも些少がいっぱい。
ボヤキ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示