2012/10/03.Wed

鳥3題

ご近所中で最も汚い花を咲かせるシモクレンの枝打ち、いや剪定をする。
夏の間、良い日陰を作ってくれていた。
汚くても、車の入出庫の邪魔になっても、役に立つんだね。

と、その時、上空から覚えのある「カウカウ、キャウキャウ」声が聞こえてきた。
見上げると、はるか高くに鉤になった一個大隊が南に向かっている。
ほお、渡り鳥、もう来日始めたのね。

しばらくすると、更にもう一個大隊。
100羽位もいそうな群れだ。
冬の訪れを感じる。
って、夏が終わってまだ1カ月も経ってないのに


オスプレイってミサゴのことなんですって?
兄から教わって知った。
ミサゴといったら、大きくて白い美しい姿。
ミサゴIMG_2932←娘のブログから拝借
我が家の近くでも営巣しているらしいが、気仙川ではよく見る。
今年の夏、御所湖で見た湖面への飛び込みは「はぁっ」と息が出るほどかっこよかった。
決して墜落なんかしないよ。
環境省の準絶滅危惧種、岩手県でもBランク(絶滅の危機が増大している種)に指定されている。
もしかして、遺伝子レベルでの代用も面倒になって、人工物に名前をつけて保存?


家の周りを飛び回っている猛禽類を近頃見かけない。
冬が近づくとどこかへ行くのかな?
この鳥について、2009年には「ハヤブサ」と、2010年には「チョウゲンボウ」と言っていた。
判定。
「チゴハヤブサ」に決定しました。
いい加減ブログだと再認識。
その他イキモノ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 緑な日 | HOME | 台風去る »