--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/09/18.Tue

マガリガ?

更新が滞った。
理由は「暑いから」。
家の中では喘ぎ、外ではまるで尾行中の刑事のごとく日陰から日陰へ足早に移動し、夜は眠れずに部屋中を転げまわる。
大げさ?
だって、本当だもの。
つい今しがた週刊天気予報で、今後最高気温に30℃以上が、最低気温に25℃以上がないことを知り、ようやく希望の灯が見えた。
ま、完全には信用していないけどね。

気温に変化はないが、昼は確実に短くなっている。
地球は狂っちゃっても、自転は狂っていないということか。

鳴く虫たちは盛大に存在を主張し、ジョロウグモは日に日に肥えていく。

そして、滝沢周辺では
クスサンRIMG0078
クスサンが大発生だという。
「鱗粉はクモの巣にかかるのを防ぐ役割がある。」という定説を無視して、すでにジョロウグモの餌食になっているものも見られる。
こいつ、トロい?

昨日は岩洞湖の近くに出かけた。
もちろん目的は避暑。
本州一寒いはずの岩洞湖もそれほど涼しくはなかったが、風のある所は少しマシだ。
昼寝を少し、読書を少し、そして周辺の木立をチェックしたら
リンゴドクガRIMG0096
リンゴドクガの脱いだ服があちこちに落ちていた。
が、本体は見つけることができない。
更衣室を使った後、どちらかへおでかけかしら。

ミズナラの葉にできた
マガリガ?RIMG0083
まん丸の穴の隣には、同じまん丸が乾燥して縮んだ状態で貼りついている。
横から見るとこんな感じ。
マガリガ?RIMG0087
そぉっと剥がしたら
マガリガ?RIMG0099
中にはダルマ型のケースが入っていた。
よくよくみると、顔が覗いている。
このサイト(←かの「イモムシハンドブック著者サイト)によるとマガリガの一種らしい。
移動するのは見損ねた。 残念!
穴はひとつだったから、きっとケースをまず作って移動し、それから蓋用に丸く葉っぱをくりぬいて被っているのだろう。
ステキイモムシがまたひとつ。
ムシ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 最近のトホホ | HOME | クズ »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。