2012/07/13.Fri

夏の風物詩

三女が高校の時だからもう10年近く前のこと。
同級生達と川で遊ぶことになって、急遽近くの100円均一で麦わら帽子を買ったそうだ。
これが、甚だ具合が良かった。
余計な飾りは一切なく、網目が大きくて風通しが良く、つばの広さがほどほどで邪魔にならない。
が、数年後早池峰に登った際、強風で飛ばしてしまった。

それ以来、同じようなのを探しているが、見つけることができず、手ぬぐいを被っていた。

先日たまたま入った店で、恰好の帽子を見つけ、早速購入。
100円ではないが、598円。
作ろうかとまで考えたこともあったけど、この値段では買った方がマシだ。
どこかで誰かが割の合わない仕事をしている。

コショウ、リゾート気分。
コショウリゾートRIMG0064

おはぎが羨ましそうなので、
コショウリゾートRIMG0066

被せてみたよ。
おはぎ帽子RIMG0069
あんまり嬉しそうじゃない。

ちなみに自分で被って鏡を見たら、そこには歳をとったルフィが居た。
身体はゴムより丸太に近いけどね。

三女が住む周防大島は、金魚の形をしていて、金魚島とも呼ばれるそうだ。
お土産でもらった金魚の吊り下げ飾りは、風鈴より軽い感じで、風が吹くとヒラヒラ揺れて、涼しげだ。
金魚RIMG0056
イヌ・ネコ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
«  | HOME | 窓からの風景 »