--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/07/03.Tue

薪の木

紫波フォーラムの副題は「便利で・安全・効率よく・おしゃれな森のエネルギーで地域自立を目指す。」だった。
なかなかキャッチーなコピーだと思うが、私の目指しているのは
「便利でなくとも、安全に配慮して、効率には目をつぶる、泥臭い森のエネルギー利用」だ。

先日の無料放出薪はありがたかった。
軽トラが横付けできるところに、1mサイズの伐採木が積み上げられている。
その中から雑木をピックアップする。
我が家は敷地が狭いので、潤沢な薪棚を作ることができない。
だからやむを得ず燃焼効率の高そうな木を選ぶわけだ。
また、薪割りが下手だから、枝の沢山出ている物、こぶのある物などもNGだ。
何とか軽トラ2杯分を確保した。
今朝からそれを割っている。
「ナラ以外は使いませんよ。」という人もいるらしいが、種々取り交ぜも結構楽しい。
まずはラインナップ裏写真。
薪裏RIMG0004
何の木かわかるかしら?

続いて表写真。
薪表RIMG0006

左から、ケヤキ、シラカンバ、ナラ、コブシ(ホオノキかも。)、エゴノキ、カエデの仲間、キハダ、サクラ(おそらくオオヤマザクラ)。
ケヤキは今回の放出物ではなく数か月前に割ったものなので、すでに消えてしまったが、それは素晴らしい輝きだった。
コブシ(ホオノキ?)とエゴノキの色白お肌、カエデの緑がかった心材、サクラの全体に紅を被せた色、等など、どれも美しい。
燃やしちゃうんだけどね。

外からホトトギスの声が聞こえている。
あの仲間って、宵っ張りだなぁ。
クサキ | Comments(0) | Trackback(1)
Comment

管理者のみに表示
Trackback
管理人の承認後に表示されます
« 高松の池 | HOME | 食材 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。