2012/05/28.Mon

ご近所ゆりかご

土日は盛岡で東北六魂祭が開催された。
見に行くつもりだったが、すさまじい人出だと聞いた途端萎える。

新緑は終了間近だが、それでもまだ木々の葉が優しい色で美味しそう。
山は呼んでいる!
残念ながら、目的のヒゲナガオトシブミさんにはお会いできなかった。
ま、薪とワラビはゲットしたから満足だけどね。

ヒゲナガ君ではないけど、ご近所でだってゆりかごを作っている者達に会える。

ブドウハマキチョッキリRIMG0226
質感は金属質のロボットなのに
ブドウハマキチョッキリRIMG0229
お気に入り姿勢はお座りなのが可愛いブドウハマキチョッキリ。
昨夕は1枚の葉っぱに最大7匹も押し合いへしあいしていた。

オオイタドリにはカシルリチョッキリがせっせと作業中。
まず、葉っぱに切れ目を入れて
カシルリオトシブミRIMG0174
(怪しい視線を感じて、数歩バックしたところ。)

くるくる巻く所は見損ねたが、巻き終わりをきゅっと綴じ込んでいるいる奴がいた。
カシルリオトシブミRIMG0176
キャベツ巻と同じだね。

フンフン、上出来。
わが子よ、元気で生まれてくるのよ。
カシルリオトシブミRIMG0180

少し離れた所でも、別な1つが完成していた。
カシルリオトシブミRIMG0173

ひたすら子孫のため。

あれ?子孫を忘れて食いつぶしている生物もいたなぁ。

2009年5月以前 | Comments(2) | Trackback(1)
Comment
No title
お座りする姿、なかなか愛らしいですね。
Re: No title
茂みに向かってニヤニヤしながらカメラを向ける怪しい人をご想像あれ。
天気さえ良ければ秋口までずっといます。
ただ、エビヅルが減っているような気がするのが少々心配です。
いつでも見に来て下さいe-446

管理者のみに表示
Trackback
管理人の承認後に表示されます