2012/04/29.Sun

国見山

サクラが、3分咲きも5分咲きも一切合財飛ばして満開になった。
たまたま展勝地へ行く道に入り込んだら、すごいことに!
人人人…車車車…

眼下から「こらさーのさんさ」が聞こえてくる国見山には、マツ枯れに侵されたらしきアカマツからキノコが顔を出していた。
ヒトクチタケRIMG0310
ヒトクチタケ。
こんがりきつね色のまさに一口サイズで美味しそうだが、食べられないらしい。

ここにはコクサギが多い。
コクサギRIMG0316
丁度花の時期だった。

カタクリはすでに終盤で、シュンランが最盛期。

ヒメヤママユRIMG0307
↑サイズは5mm程度のこいつはヒメヤママユか?

イタドリハムシRIMG0314
お馴染みイタドリハムシもせっせとイタドリを齧っていた。

そして、あまりに動きがなく、逝っちゃってるんではないかと思った↓
ビロウドツリアブRIMG0297
次の瞬間   ピタ!
ビロウドツリアブRIMG0302

止まっているように見えたが、羽を高速回転していた。
そして、ピタ!すると羽に模様があることを初めて知った。
このビロウドツリアブ、私の虫ランキングの中でかなり高い地位にいる。
お気に入り。
この間台所でご臨終していたゴキブリは、申し訳ないけど最下位グループ。



ムシ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示