2012/01/19.Thu

イベント報告 といえるかどうか・・

誰でしょう?
水道RIMG0018

町内会の掲示板にある水道凍結防止キャンペーンのポスター。
水道2RIMG0018
なんで谷垣さんなのかと思った。
啄木さんのメガネ姿って、あまり馴染みがない。


松が取れ、毎年恒例一人鏡開きも終えた。
鏡餅を食べると1年間無病息災だそうだけど、高カロリーお餅を油で揚げて、塩をまぶして食べるのって、あまり体に良いように思えない。
とりあえず、膝痛持ちの体重増加防止には不向きな食品だ。


昨週末、アイーナ5階の環境学習交流センターで、土日環境講座が開かれた。
オヤマダエンジニアリングの川村さんが木質ボイラーについて説明した。
なかなかの盛況で、事前に流したメルマガ「エンジニアに直接お話しを聞けるめったにない機会。」のキャッチコピーが功を奏したかな、と事務局としてほくそ笑む。

機器の導入について、あとから「ああすれば良かった、こうすべきだった。」の話はよく聞く。
チップサイロの構造とか、ペレットタンクの容量とか、燃料供給のトラック動線とか。
残念なことだが、普通の住宅でもそういう例は多い。
例えば、20年落ちの中古である我が家は平面的に妙な角度がついていて、台所の引き出しが開かない。
吹き抜けの天井に超ロングはしごをかけなければ交換のできない電球がついているのなんかはよくある話だ。
失敗事例を設計者が共有することが必要だと思う。
(オヤマダさんの設計が失敗、ということではありませんので、誤解のないよう願います。)

昨日のエネルギー学会バイオマス部会の合同フォーラムにも参加した。
が、遅刻したため、入口近くに席をとった。
帰宅して程なく、友人から電話があった。
「今日、バイオマス部会、行ってただろう。」
「うん。何か?」
「あんな目立つ席で、寝ているんじゃない!
こっくりこっくり半分は船漕いでいたよ。」
うう、見られたか!
更に今日その話をした知人から
「それはみっともないですね。」という言葉のノックアウト。

かつて、学生の頃は
「私を寝かせないような講義をしてみろ。」と豪語していた。
が、年をとって、自分のダメさ加減については承知しているため、
「私が眠くなったりしないようにお話ししてちょうだいな。」とお願いする次第です。


ジムキョク | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 冬の散策 | HOME |  »