--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/03/29.Tue

それでも春

震災後もう半月になるが、何が好転しただろう?
被災地は瓦礫にうずもれ、原発の情報も暗い話ばかりだ。
市内のガソリンスタンドには相変わらず列ができている。

そういえば、この半月で車を使ったのはパソコン運搬の2往復と、救援物資搬入の2往復、計せいぜい30km。
それ以外は自転車で移動している。
車って、結構使わないでもいられるもんだな。
日ごろの生活を反省した。
それでも、どうしても我慢ができず、かつてのフィールドに出かけてきた。
「不要不急」?
いや、この時期でないといなくなっちゃう。
これを見ないと精神的によろしくない。
いろいろ自分言い訳しながら。

フユシャクRIMG0378
↑目的のフユシャク♀は1匹しか見つけられず、卵もまだない。

仕方なく、コナラの枝につくシジミチョウ卵を探していたら、こんな奴が!
カシアシナガゾウムシRIMG0365 斜め背面図
カシアシナガゾウムシRIMG0371 側面図
帰ってから調べたところ、カシアシナガゾウムシのようだ。
「森のだっこちゃん」と呼ばれ、木にしがみついて冬を過ごしているらしい。

湧水の池にはヤマアカガエルの卵が
カエル卵RIMG0380

そしてフクジュソウも咲き始めている。
フクジュソウRIMG0382

被災地を思うとこんなブログをアップするのは憚られた。
友人の「自然はこんなときでも美しいです。」の言葉に後押しされました。
ムシ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。