2010/06/02.Wed

イタドリのオトシブミ

現在、冷蔵庫はタケノコ、ワラビで満タン状態である。幸せ
そして、軒下にはこれ。
ゼンマイP6020001
ゼンマイが魚干し用網の中で刻々と乾燥されている。
もまなくてはならないのだけど、仕事に行っている間に勝手に干し上がりつつある。

イタドリの葉の上にコロンとこんなものが乗っていた。
揺籃P6020010
5mmもないミニミニ揺籃。
作者も近くにいた。
ルリオトシブミP6020013
これも全長3mm~4mm。
もしかしてダンナの方かもしれないが、老眼、2万円台のコンデジでは判別不能だ。
一応ルリオトシブミ、ということにする。
裏で食事中の奴もいた。
オトシブミ食痕P6020011
葉っぱをせせりとっているのがシルエットでよくわかる。

その辺りをヒラヒラとウスバシロチョウ。
ウスバシロチョウP6020018

狭い雑草地帯に生き物たちの息吹を感じた。

ムシ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 三ツ石 | HOME | ドテ »