2005/07/20.Wed

だれが日本の「森」を殺すのか

こんばんは、まだ仕事中の俺です。

田中 淳夫
だれが日本の「森」を殺すのか

日本の森はなぜ危機なのか―環境と経済の新林業レポート の著者の新刊

木質バイオマスについてもちょっと触れられています、ペレット流通が弱い辺りとか、まあそのまま書いてますが、なんぼか改善されつつあるのですよ~ でも取材は多分昨シーズンか…金の使われ方はそうですねぇ…、ペレット製造のエネルギー効率も今年の新型機は…という辺りはとりあえずおいといて。


題名は「殺すのか」になってますがどちらかといえば「生かそうとしてる人達」のへ取材をまとめた感じです。

木材に関しての流通と商品開発がネックだったり肝だったりという話が色々出てきますし、木材関連業界を広範囲に取材した労作だと思います。

とか書いてたら著者の田中さんのブログ を見つけたのでリンクを貼っておきますよ。

なるほど だれが「本」を殺すのか  とタイトルが似てるのにはそんな訳 が…

2009年5月以前 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 木曽御嶽山 | HOME | 追記 »