2005/11/02.Wed

ハロウィン

いささか古ネタだが、31日はハロウィンだった。

とはいえ、宗教も違うし、お菓子屋に並ぶかぼちゃ模様を見て、「へえ。」と思う程度。

ただ、10月31日は個人的には特別な日だ。自分の生まれた日。

長女が、1週間ほど前に「こっちのコーヒー送るから。」と言ってきた。

「そっちのコーヒーおいしくないから、カードだけでいい。」と答えた。それっきり。

次女と三女からは、クス玉の割れる絵文字の入ったメールが届く。

四女は学校帰りにコロちゃんコロッケを買ってきて、「まだあったかいよ。」と1つくれた。

-

ほとんどただの日常なのに、いたずらに歳の数だけが増えていく。

膝の上には隣の家の猫。足が痺れた。



2009年5月以前 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示