2005/11/28.Mon

フォーラムと外材とイカフライ

昨日のこと。

住田町の森林・林業日本一の町づくりフォーラムを聴きに行った。

キープ協会の川嶋さんの話は、どうやら同じネタを使い回ししているようだったが、それでもエッセンスの付けようがさすがプロであった。

事例発表も、熱意がひしひし伝わってくるものばかりだった。

そして何より、聴衆の多さ(150人以上と思われた。)、そのメンバーが義理で来たお役人という風情ではなく、町のおじちゃん、おばちゃん風であるところがすごい!と感動した。

おそるべし、住田町住人!

-

このフォーラムが午後からであったため、午前中は足を伸ばして大船渡まで行ってきた。

目的は、「浜一番まつり」。牡蠣だ!ホタテだ!イカだ!

着いたのが開始時間の約1時間過ぎで、丁度最も駐車場が一番込み合う時間帯であったらしい。

入口は市場目の前だったのに、そこから誘導されてかなり浜を戻った。

おかげでずっと港を見ながら市場まで歩くことになった。

そこにはどこから来ているのか、外材が山と積まれている。

径はほどほどで、年輪幅も結構厚い。しかし、通直なまま、長さがおそらく10mほどもある。

こんな大径材なら、加工は実にしやすいだろう。国産材が勝てるわけがないと思った。

それにしても、こういう樹が立ち並んでいる林、そしてそれが切り払われた状態を想像すると背筋が寒くなる。

-

今、イカのフライの食べすぎで、胸焼け中。

2009年5月以前 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 積雪 | HOME | 風邪 »