--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/01/31.Tue

ヌルデ

以前、ある青年がこの葉痕を見て、「あ、ピンクのハート。」と呟いた。

いいね、若い者の感性は。

その後ほどなくして彼は結婚した。

 


近くのおんちゃんが、この木を「ゴマキ」と呼んだ。

あれ?ゴマキって、こんなんだっけ?記憶と違う。

これは、ヌルデであって、胡麻木ではないが、別名が護摩木だそうだ。

蘇我氏と物部氏の戦いの際、若きホープ聖徳太子(その頃は厩戸皇子)がこの木で四天王を彫って、鉢巻に挿して突撃したら勝ったんだそうな。

それ以来仏教で護摩を焚くらしい。

そもそも平泉に初詣に行ってかしわ手を打ちそうになった、神教と仏教の区別もろくにできていない私です。

その上、つい最近までウルシの仲間なので、ヌルデでもかぶれると思っていた。

聖徳太子はおでこにブツブツをつくって戦ったってか?

この実が酸っぱいとかしょっぱいとか物の本に書いてあるけど、もしかしてかとぶれたら、と不安で試していない。

2009年5月以前 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 雪の結晶 | HOME | 鞍掛山 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。