2006/02/02.Thu

雪の結晶

数年前から雪の結晶のレプリカつくりに挑戦している。

が、なかなかうまくいかない。

 気づいた!どうせ写真を撮るのが目的。

それに、外は冷凍庫並みの気温である。

降り落ちたそのまんまを撮影すればよい。

昨朝はかっこうの結晶雪がひらひら舞い落ちていて、早速カメラを持ち出した。

あまりうまくないけど、とりあえず、撮れることは判明。

まあ、中谷宇吉郎に張り合う気はないし。

-

その内ひらひらでなく雪が降ってきて、こんな風雅を楽しむ余裕はなく、雪かきに追われる。

今朝までに盛岡の積雪は50cmを越えたそうだ。

最も、西和賀、沢内地区では168cmという。

そのニュースを見ていた娘が「負けた!」

娘の身長は161cmだから、確かに負けていて、ぽかんと立っていたら頭まできれいにうずもれることになる。

-

今朝は、雪かきと犬の散歩のラッセルで、体育会系合宿を終えたような気分だ。

これがダイエットになったら、つぼ足でふぞす(最近知った盛岡弁)ことも減るだろう。

2009年5月以前 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示