2006/03/24.Fri

春と修羅

春分の日は素晴らしい晴天で、姫神に登ってきた。

空の青さに吸い込まれそうだった。

娘がこの空のもと、雨具を着込んでいるのは、この後の下りに備えている。

下りは一気に尻セード。そのために苦しい登りも頑張った。

この季節限定のお楽しみだ。

ただ、翌日、お尻の皮が破けたかと思った。

-

今朝は起きたら雪が降っていて仰天。

いやはや、まだまだ油断禁物。

2009年5月以前 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示