2006/04/04.Tue

川虫採り

近くの沢に採集に出かける。

長靴を忘れた友人は無事だったが、長靴を過信した私は岩を滑り落ち、腿まで濡れた。

丁度佳境で?足元に注意が足りなかった。

こういう些細な欲が、理性より先行する自分が悲しい。

が、捕まえた川虫達はそのまま容器の中で大生存競争を始める。

怖いから結局逃がしちゃった。

-

子らが小さかった頃、家の前の田んぼではおたまじゃくし、ホタルの幼虫、ホウネンエビなんてものまで採れた。(前橋での話。)

これをバケツに入れておくと、カワニナしか食べないはずのホタルが、おたまじゃくしにむしゃぶりついていた。

水槽に入れたアメリカザリガニは両手(両ハサミ)に大家である金魚を高々とかかげ、あまりの凄惨な光景に慌てて子らを追いやったこともある。

今は水槽の外から猫がねらっている。

隣のカメは一応冬眠から覚めているけど、食欲なし。

2009年5月以前 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示