2006/05/19.Fri

ヒミズ

朝の散歩中、観察園の小道にこんなものが転がっていた。

 ヒミズ君。

すでに御昇天済み。

先に発見したのは連れていた犬で、大興奮で欲しがる。

ヒミズ君の身体が濡れているのは、彼の涎がついたせいだ。

この写真をとった後、彼は隙を見て、これを咥え、放せと命令する飼い主との戦いになった。

飼い主の勝ちクラッカー

お前は、疥癬持ちのボロボロタヌキをかまって、自分もボロボロになったあの日のこと、誰やら獣の糞を卑しく食べて、しばらく下痢をしていたあの日のことを、忘れたのか?

情けない・・。

今回も、自然からの報復、マダニ攻撃を受けている。

 目の縁に2匹。

2009年5月以前 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示