2006/06/04.Sun

ボーダーライン

我が家のカメはホームセンター出身の純粋ペット仕様で、市販のカメ餌しか口にしない。

自分達の住んでいる水槽が、飼い主の横着でボウフラ発生状態になっても、ただ眠たい目で見るだけだ。

仕方がないので、オタマジャクシを同居させた。

無知のなす失敗。

オタマジャクシは草食だった。

見るからに、獲物に食いつくには役にたたなそうな、おちょぼ口をしている。

-

暖かくなって、カメは外の大きな容器に移った。

でもオタマジャクシは、水草を入れて、水位を低くした水槽に残り、やがて、足が出て、手が出て。

そして、昨日、ついに水槽壁面を登っている1個体発見!

まだしっぽ付き。

カエルは生餌を食べるので、とても横着飼い主には手におえない。

今やうっそうたる草原になっている庭に放つ。

-

それにしても、一体どの時点で草食から肉食に変わるのだろうか?

水から顔を出したときから?

しっぽがなくなったときから?

子どもが、ある日茗荷を好きになったとき、よりすさまじい変化だ。

ボーダーラインはどこ?

2009年5月以前 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示