--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/09/14.Thu

子沢山

岩手の誇る宮沢賢治は郷土も愛したけど、舶来好みでもあったらしい。

彼の著書に登場するギンドロ(ヨーロッパ産)が岩手大学農学部前にある。

なかなかの大木だ。

が、足元を見てビックリ。

子ども達に地面が覆い尽くされている。

このままでは20年後、農学部はギンドロの林に埋もれてしまうのか?


高松の池のカルガモも7羽の子沢山。

これから、寒さと戦い、猫やカラスの外敵と戦い、前途は多難だ。

ギンドロの子に負けず、頑張って生き残って欲しい。


2009年5月以前 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。