2007/01/13.Sat

壊れる!ホットカーペットの巻

昨年末、ホットカーペットが壊れた。

スイッチを入れても反応しない。

以前から気合でオンしないと暖かくならなかった。

このホットカーペットは何故か企画より10センチほど縦長で、カバーをすると横長×10センチの面積が顔を出す。

そして、この材質がよほど彼奴等の爪琴線にピタリときたらしい。

ネコが来て爪を研ぐ。にゃーが来て爪を研ぐ。

ブタネコも来て爪を研ぐ。ジジも来て爪を研ぐ。

キティちゃんすら来て爪を研ぐ。

その結果表面がぼろぼろになって、熱線が出ていた。

やばいのでビニールテープで留めて使っていた。

壊れたのは、今シーズン唯一窓の凍った日の前夜。

その晩は末娘と2人だけだったが、安寿と寿司王の「姉さん寒かろ、弟寒かろ。」の状態。

床からくる冷気に震え上がった。

翌日速攻電気屋へ走り、新品を買い求めた。

猫達大喜び。(大事に使えよジャック


長くなるので、とりあえず一旦おしまい。


画像は冬の光に反応するボタンヅルの種とクスサンの蛹殻。





2009年5月以前 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示