2007/04/17.Tue

カラスとユリカモメ

母屋にお雛様を見に行ったついでに、明治橋周辺をぶらついた。

以前から気になっていたカラスの巣。

お母ちゃん(もしかしたらお父ちゃん)尻っぽが見えていますよ。

早くヤナギの芽が成長してくれないと、橋を歩く人から丸見えだ。

一生懸命卵を抱いているらしき様子で、ゴミをあさっている時の憎たらしさが全くない。

「元気な子が生まれるといいね。」と応援したくなる。

高知の友人(林業)が、いつも悪さするサルやイノシシも、子連れで歩いているのを見ると、持っているお弁当をレジ袋に入れてプレゼントしたくなる、と言っていた。

わかる気がする。


↑川ではユリカモメたちが休んでいた。

へえ、ユリカモメって東京湾だけじゃなく、北上川にもいるんだ。

顔の模様が我が家のヤンママ=ズキンちゃんに似ていた。







2009年5月以前 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示