2007/04/23.Mon

サンショウウオ受難

松園子ども自然観察園のミズバショウが咲いた。

コゴミも食べごろ。

ただし、ここのは激ヤセ。

それでも毎年採っていく人がいる。

東北人、山菜を見逃さない。

ついでにシイタケまで出現。

たまたま遊びに来ていた少年が持ち帰った。


毎年トウホクサンショウウオの卵塊が産み付けられる小さな流れ、毎朝覗き込んで無事を確かめ、数が増えるのを楽しみにしていた。

が、そこに、近頃怪しげな気配があった。

誰かせっせと流れのお手入れをしている。

そしてついに今朝、流れを堰き止め、ドロを上げてあるのを発見。

慌てて積み上げられたドロの中を木の棒で捜し、何とか5つほどの卵塊を救出した。

でも、すでに潰れて原型をとどめないものもある。

とりあえず、ここにとかげが居る旨を札で知らせる。

興奮して、「トホクサンショウウオ」って書いちゃったよ。




2009年5月以前 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示