2007/06/20.Wed

コブヒゲボソゾウムシその後

コブヒゲボソゾウムシの入っていたプラ容器をそのままにしていたら、バラの葉裏に生き物発見!

これはどう見てもゾウムシ系ではない。

確かに卵からそのまま親と同じ形のゾウムシが現れるわけがない。

(そもそもコブヒゲナガゾウムシという同定もかなり怪しい。)

同じ日に採って、同居させてたウンモンテントウの卵が孵ったのだと思う。

庭のアブラムをいっぱい与えたら、すくすく育って、今やこの状態。


庭のジャガイモにたかるニジュウヤホシテントウは見つけたら即退治。

が、アブラムシをせっせとたいらげるウンモンは頼もしく、気に入った。

早く成虫になって全身目玉模様のステキな姿を見せて欲しい。


今週末は今年度第2回目の松園子ども自然観察園観察会です。

←クリックすると大きくなります。

今や観察園の中は上の方でキアシドクガが、下のほうでクロヒカゲが飛び回り、「モノトーンで如何かしら?」の状態。

うまくするとカワセミに会えるかもしれない。

お近くの方はぜひ足をお運びください。





2009年5月以前 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示