2007/09/05.Wed

ゴイシシジミ

研究会事務局は予算が限られているので、副業に屋外短期バイトを始めた。

こちらの方が事務仕事より性格的に向いている。


が、今日は副業に出ようと思った途端ザアザアの雨が降り出して、中止。

これが屋外仕事のつらいところ。

お弁当まで作ったのに・・・。

「大工殺すにゃ刃物はいらぬ。」である。


で、暇ができたのでボログ更新。

四十四田縁の笹薮で最近よく見るのがゴイシシジミ。

松園観察園会長、チョウ屋さんに存在だけは教わっていたが、今まで気づかなかった。

手持ちの図鑑による著者の弁では、

「弱々しく飛んでいて、虫も殺さない可憐な蝶に見えるが、実はさにあらず。幼虫はアリマキを食って成長する獰猛な蝶である。」

この手の生き物マニアは往々にして一般市民と感覚に隔たりがある。

ゴイシシジミのぶつぶつ模様が可憐に見えるだろうか?

アリマキくらい食べても獰猛というほどではないような。


それはともかく、2枚の写真(別な個体)を見ていて、気づいた。

こんなに細かい模様なのにほとんど違いがない!




そして、足元に注目。

なんとステキな厚手白タイツを着用している!

図鑑で他のシジミチョウを調べたが、これほどはっきりとした白タイツは履いていない。

おまけにバレリーナ立ち!


ちなみに我が家ではママネコがゴイシシジミタイツを着用している。


2009年5月以前 | Comments(1) | Trackback(0)
Comment
Re: No title
>  こんにちは。
> ゴイシシジミについて知りたいんですけど、最近ゴイシシジミは見ましたか?

自然いっぱいの松園からアパートいっぱいの高松に移転し、毎日の発見が激減しました。
ゴイシシジミは松園の子ども自然観察園に出るのですが、私の見るのは秋でした。
ただ、チョウチョのプロである知人によると、年2回出現するそうです。
昨年も出会っていますので居なくなっていることはないはずです。

管理者のみに表示