2007/09/20.Thu

クサカゲロウ

ラジオで、長寿世界一の男性が112歳の誕生日を迎えた

老眼で、正体がわからない。

前からマクロで撮影、撮った写真をズームアップしたら顔が見えた。

クサカゲロウ幼虫。

背中にゴミを背負っている。

あの「優曇華(うどんげ)の花」がこれに変身して、さらに見るからにはかなげなクサカゲロウに変身する。

   ↑このサイトの卵から幼虫に変身する過程はかなり気色悪いです。

最も、川の上をひらひら舞う、露しか口にしないカゲロウは別な目(もく)らしい。

この幼虫の顔を見ると、確かにアリジゴク(ウスバカゲロウ)の仲間のアミメカゲロウ目だと納得する。

クサカゲロウさん、あと何年生きたいですか?




2009年5月以前 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示