2014/09/10.Wed

宮古住まいの展示相談会

天中殺で三隣亡で貧乏神降臨だった1週間を終え、日曜日には宮古へ行った。
image.png
出展料を払う能力がないので、運営委員U氏にお願いし、家賃なしで間借りさせていただいた。
ぬぐだまりRIMG0229
ぬぐだまりプロジェクトの皆さま、お世話になりました。

入場者数はあまりはかばかしくなかったが、いらしている方は関心が高く、具体的な質問が多かった。

そんな中お客さんの人気を集めたのは
うにっちRIMG0235 うにっち。

さて、1時からは餅まきですよー!
お餅とお菓子の箱詰めを撒くのは
「岩手県○○課○○、岩手県地域型復興住宅推進協議会事務局○○」←MCさん曰く。
主催者の名前に「様」をつけるのって、すっごく違和感がある。
そして、もう一人は会場から選ばれた男の子。
餅まきRIMG0241

そうよ、こんな時こそ○○様でなく、うにっちが働くべきだ。
が、彼は手がグーで上手にお餅を持つことができず、またこの台の上に昇ることもおぼつかない。
うにっちRIMG0236
餅まきを眺めている後ろ姿に哀愁が漂っていた。
ちなみに、彼はお椀の中(つまり顔)に送風機がついていて、結構涼しいという噂を聞いた。

入場者が少なかった分、一人あたりのお菓子箱が潤沢だったようだ。
パンパンの袋を持って帰っていく。
この日に来た良い子たち、やったね!

さて、帰りは警察に呼び止められることもなく、厄とは縁を切った気持ちで晴れ晴れと家に着いた。

月曜日、畑から帰ろうと軽トラを動かした途端、木の根っこでバンパーがガリリリ!
いかん、厄が居座っている。


ジムキョク | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »