2009/11/29.Sun

服にも豆にも

この場でお知らせすることもなく東京でのシンポジウムが終わった。
服を選ぶのも管理するのも面倒で、基本的にケの服しか持っていない。
花のお江戸の、それもど真ん中駅前。ハレの服でなくてはいけないらしい。
慌てて天袋をあさったら、親の形見、もとい(親はまだピンピンだった。)お古のブレザーを発見した。
よく見ると所々虫が齧った跡があるが、穴まで至ってないのでヨシとする。
翌日クリーング屋に持って行ったら、店のおばちゃん一目見て、「虫が食っていますね。」
うーん、プロの目は確かだ。

さて、話変わって、雪の溶けない寒さの後、幸い暖かい日が続く。
こういう日は冬支度日和だ。
一昨年前までは、窓にプチプチを貼る、障子の穴を塞ぐ、玄関に大きなビニールを吊るす、と大忙しだった。
が、今度の家はそこまでしなくてもよい
大根を抜く。
白菜と赤カブを漬ける。
黒豆を収穫する。
黒豆
↑は選別した後。
皮をむいた状態は↓
皮むき
約半分が虫食いである。
誰だー!
豆虫
ひどいボケ写真だけれど、こいつが犯人らしい。

虫、そこここに出現。服にも豆にも。
ムシ | Comments(2) | Trackback(0)
 | HOME | Next »