2005/06/29.Wed

岩手山とキアシドクガ

久しぶりに岩手山が見えていた。


かつて高知に住んでいたとき、「過去に洪水被害なし」という但し書き付きの不動産広告があった。

盛岡に来たら、「岩手山の眺望良し」という不動産広告がある。これも地域特性。


他の団体のMLがキアシドクガの話で盛り上がっていた。

他のMLはろくに見ていないのだが、これはおもしろかった。

毎朝散歩する四十四田ダムのまわりにはよく飛んでいる。

それ以上に子ども達(幼虫、蛹)はよく見られる。

成虫はつぶらな黒目がちのめをしていて、結構プリティー。

幼虫はミズキを食べるそうだ。


近くのヌルデの木は、クスサンの食堂になっていて、みるみる葉がなくなっていく。

と思って見ていたら、庭のサンショウもアゲハの食堂だ。今日発見した。

木が小さいので明日には丸坊主だろう。


運営委員会の議事録が明日できていなかったら、事務員、アゲハの食草探しに行ったと思ってください。



2009年5月以前 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »