--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2018/04/24.Tue

はーるがきーたー、はーるがいーくー

1か月以上の更新停滞のときに現れるスポンサーサイトが何故か毎度ダイエット関連なのが腹立たしい。
どういう嫌がらせよね。

4月前半は雪が降ったりしたのに先週末は存在するだけで汗が出る暑さだった。
一気にサクラが開花し、今週末には散ってしまうだろう。
春が来た喜びもつかの間、夏が来る恐れにおののく。

とはいえ林に入ると足元に春の妖精が咲き
RIMG3681ヒメイチゲ ヒメイチゲ

RIMG3666ヤマエンゴサク ヤマエンゴサク

RIMG3621カタクリ お馴染みカタクリ

山ではクマに次ぐ主に出会う。
RIMG3563カモシカ 盛岡市のカモシカ。

RIMG3576カモシカ 一関市のカモシカ。
人に会った時に走って逃げたりはしない。
RIMG3577カモシカ スタスタスタスタ。

そして嬉しかったのが6年ぶりの再会
RIMG3606アシベニカギバ アシベニカギバ。
名前を覚えていた自分を褒めた。

おむすびを食べている目の前に着陸したこいつは
RIMG3673ウスアカオトシブミ
ヒゲナガオトシブミ♀かと一瞬思ったけど、なんか違う。
ちょっと小さいし、ちょっと顔が短い。
帰って「オトシブミハンドブック」を調べ、おそらくウスアカオトシブミということにした。
この違いに気づいた自分を褒めた。
スポンサーサイト
クサキ | Comments(0) | Trackback(0)
2017/04/26.Wed

じっけばっけ

気づけばもう4月も終盤。
毎回ながら、どうして良い季節の進行はこんなにも早いんだろう。

ちょっと古ネタで10日前のマイフィールド。
心地よい春風に誘われてフラフラ出かけた。
もちろんトウホクサンショウウオ卵塊あり。
シュンラン蕾あり。
それぞれの木々が開葉始まり。
そしてミドリシジミの卵を求めてコナラ冬芽をチェックするが外れ。
オニグルミにオナガシジミの卵はあった!
RIMG2137 (640x479)

おまけはこれ↓
RIMG2193 (640x479)
誰だか知らないゾウムシ君。
うっとり冬芽をチューチューしている姿にこちらもうっとり。

姿形の美しいフキノトウ♀。
RIMG2197 (479x640)
収穫癖のある人の通りが多いここで無事な姿は奇跡だ。
マクロ撮影してみると
RIMG2198 (640x479)
雌花の中に雄花がひそんでいるのがわかる。

ついでにフキノトウ♂。
RIMG2204 (640x483)
雄花の中にも雌花がひそんでいるというが、わからなかった。

以前書いたかもしれないけど、雫石の小学生が雌株のフキノトウを「ばっけ」、雄株のフキノトウを「じっけ」と区別して呼んでいるのに驚愕した。
クサキ | Comments(0) | Trackback(0)
2017/02/21.Tue

開葉

一昨日の日曜日、滝沢で行われた観察会に参加した。
南斜面は土が見えていて、「カタクリが咲いていてもおかしくない風景ですね。」なんて会話も。

そして昨日、恒例帳尻合わせのドッカン積雪。
朝、昼過ぎ、夕方の3回雪かきをして、ヘロヘロ、膝イテテテ。
これで積雪量約20センチだというけど、150センチを超す西和賀の人たちの暮らしが理解できない。

2週間ほど前に収穫した木の芽が室内で開葉し始めた。
採取が雑で(ボキッ)、その後の手入れが雑で(そのままビンにポイッ)…。
それでも開いてくれた芽に感謝!
RIMG1882 イヌザクラ イヌザクラ(のはず。)

RIMG1891 ニガキ ニガキ(だと思う。)

RIMG1895 モミジ オオモミジかヤマモミジのどっちか。

RIMG1889 カンボク カンボク(ミツバウツギのつもりだった。)

そして最も琴線に触れたのが
RIMG1884 サイカチ サイカチ。
可愛い

クサキ | Comments(0) | Trackback(0)
2016/10/17.Mon

庭のヘンなもの

1.
RIMG1422 (640x479)
ミョウガの群落の中に赤いもの。
ゴミかと思った。
実ができた。
それなりに長い人生、やたら繁茂するミョウガ、なのに初体験。

2.
RIMG1424 (640x480)
わかりにくい写真だけど、横に伸びるマメ科の草。
落花生だ。
一緒に植えたトマトのせいで日陰になって、ひょろひょろと横に伸びている。
これではとても落花して実をつけるのは難しい。
それ以前に花が咲かなかった。
畑の落花生は成長している。
が、先日1粒だけ収穫して茹でてみたら、中の豆が米粒大だった。

3.
RIMG1428 (480x640)
岩手山が冠雪し、マガンが空を群れで渡るのも見た。
そして今、ようやくグリーンカーテンがてっぺんまで到達した。
暗い。寒い。
トホホ。

4.
RIMG1429 (640x479)
貧相だけど、これオクヤマトリカブトの実。
某所でいただいて庭に植えたところ、毎年きれいな花を咲かせている。
RIMG1202 (480x640) ←これは9月初めに八幡平大沼で撮影したもの。
トリカブトが猛毒なの周知の通りだが、口にすると七転八倒、とても自殺向きではないそうだ。
他殺向き?





クサキ | Comments(0) | Trackback(0)
2016/10/10.Mon

冬が来る

本日、リハビリと、連休で来ている末娘の紅葉見物とで八幡平へ行った。
途中、稲刈りの済んでない田んぼ地帯でカルガモが道路を横断していた。
娘「ネギ背負ってない!」
しばらく行くと手押し車を押したおばあさんが道路を横断していた。
カルガモは車を意識して早足だった。
おばあさん、車を気にする気配なし。

アスピーテラインを上るときは「北松園の方がきれい。」だったのが、松尾鉱山跡付近から見事な赤と黄色の世界に入る。
道路は無法地帯と化していて、路上駐車はもちろん、路上人間も多い。
見返り峠の無料駐車場は満杯で、奮発してその上の有料駐車場に停めた。(500円也。)
歩き始めると、寒い!寒すぎる!
想定外だったためか、帽子を持っていなくて服のフードをきっちり被っている人が多かった
娘は耳が寒いとブツブツ言って、手拭をほお被りする。
スキャン_20161010

木々には霧氷が付いていた。
RIMG1410 (640x480)
雪が降った跡もある。

遠く岩手山も頂上付近が白くなっている。
RIMG1411 (640x479) (320x240)
↑岩手山の成長を抑える娘。

八幡沼を周遊する予定だったが、あまりの寒さにコースを変更し頂上を回って見返り峠に戻る。
途中の歩道にはアオモリトドマツの鱗片がたくさん落ちていた。
木の上を見ると
RIMG1413 (640x501)
球果がキノコになっていた。

めがね沼後方の白くなったアオトド林。
RIMG1417 (640x480)

アスピーテラインを下りていくと大渋滞に捕まった。
毎年恒例山賊祭り渋滞だ。
これってどうにかならん?
クサキ | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。