2017/01/24.Tue

いわて木質バイオマスフォーラム

毎回老化ネタもどうかと思うんだけど、
・思い込みで開始時間を間違った。
・時間の計算が間違っていた。
で、標記フォーラムの会場オガールに着いたときは30分の遅刻だった。
産直を覗いてから、図書館を覗いてから、の予定がすべてそれどころではなかった。
この会場は席についた皆さま方の前を通過して空席を探さなくてはならない。
ご迷惑と知りつつ事務局席(つまり役人席)にコソコソ座らせてもらった。
座らせていただいたのに文句を言う筋合いではないが、甚だしく居心地が悪かった。

途中からしか聞けなかった「久慈地域における大規模園芸団地への熱供給事業への参画について」。
講師は㈱東芝インフラシステムソリューション社 参事 野間毅氏。
途中からしか聞けなかったのが悔やまれる。
久慈のしいたけ栽培への熱供給の話。
熱供給の場合、需要の上がり下がりが採算を左右すると言われている。
が、今回、熱で乾チップを作ることで、なにかと問題の多い蓄熱の代わりになると知った。
ほお。乾チップは都合よく供給先があるのだろうか?

次はオヤマダエンジニアリング㈱岩井さんによる「リサイクル由来の木質燃料を活用した熱電利用事例の紹介」。
気仙沼の丸本建設のチャレンジだ。
チップボイラーでバークを燃やし、お湯を作って自社用に利用している。
かなり困難な道だったらしい。
が、震災を経験して、いざというときの防災拠点としての活用や、燃料搬送途中で発生するおが粉を使ってペレット製造とペレットストーブの導入推進まで考えているという。
更にはバイナリ―発電も、そして震災需要の減少に備えてその電力を利用したレタス栽培も…。
成功して欲しい。

その次は県庁金沢さんによる「木質バイオマスガス化発電システムの事例調査等について」。
おお、先日の新年会の内容と被っておる。

トリは沢辺先生の「木質バイオマス利用における燃料の品質管理」
RIMG1811 (427x640)
水分率55%以上は燃えない!
燃料と燃焼機器とのマッチングが大事!
そして木質チップ圧縮脱水機の話。
これ、以前聞いた話よりバージョンアップしていた。

質疑応答で「ずばり」質問が出ていた。
「企業として木質バイオマス発電は採算ベースに乗るか?」
これに対する沢辺先生の答えは
「技術的には進みつつあるが産業的には地域での状況による。」
振られた泊さん(バイオマス産業社会ネットワーク)←東京からわざわざ来ていたのね。頭が下がる。
「ヨーロッパの状況を見ると可能性は十分ある。熱需要のある地域で、燃料の供給が保障されていれば。」

最後に沢辺先生の話していたのが
「もっと良いガス化発電などの技術ができてくるはず。それによりバイオマスとしての利用が保証される。
が、まずマテリアル利用があってのバイオマス利用だ。そうやって規模の妥当性も決まってくる。
オガールや久慈で民間の力により熱事業が始まった。このことこそ意義がある。
将来を見据えながら地道に続けて欲しい。地域資源を使って欲しい。」
RIMG1813 (640x480)
ジムキョク | Comments(0) | Trackback(0)
2017/01/19.Thu

新年会

先週末、新年会をおこなった。
とにかく寒い夜で、メガネの人は店に着いた途端霧の中に入る。
ストーブでメガネをあぶって視力回復。

飲む前にまず勉強だ。
会場の居酒屋さんの好意で壁にシーツを貼り、代表持ち込みのプロジェクターでスライドショーをおこなう。
そこで問題発生。
プロジェクターケースに電源コードが入っていない!
100㎞マラソンすらこなす代表が「片道15分ですから取りに行きます。」と。
とりあえずパソコン画面で始めた。
RIMG1778 (640x480)
「バイオマスガス化発電を斬る!」始まり始まり。

途中無事コードも到着して本格的に開始。
RIMG1780 (640x480)

1時間ガス化発電について学んだ。
結局キモはタールの処理、ということらしい。
機械のあちこちに貼りついて困るとか。
カタツムリの技術を応用した便器は参考にならないかしら?

たけなわであった宴については省略。
あ、でもニシンのお刺身、サワラの炙り、海鮮鍋、ヤリイカのフライ…美味でした。
3時間の飲み放題を終了し、帰途につく。
目の前で最終バスが去って行った。
降った雪が寒さでパウダースノーの状態で、膝に優しく心地よい。
歩いて帰った。
代表が15分だと言った道のりはその倍くらいの時間がかかった。
家に着くまでには1時間以上が経過。
頭にも足にも鍛錬になった夜でした。




ジムキョク | Comments(0) | Trackback(0)
2016/11/16.Wed

この1か月:お仕事編

御所湖のコスモスロードから見る岩手山。
RIMG1515 (640x473)
コスモスを見るたびに思い出すのが2002年高知国体。
character.gif
  ↑その時のキャラクターくろしおくん。
  関係者がいたためわが家にはくろしおくんのついたタオルやバッグがある。
高知では国体の行われるシーズンにはすでに稲刈りが終わっていて、田んぼ一面にコスモスを咲かせていた。
まさに開催のそのときに満開のコスモスを見て百姓の凄腕に感嘆したものだ。

先週の土日にはイオン前潟でストーブ展示。 これ、一応本業。
RIMG1534 (640x477)
何が驚いたって、その人の量。
盛岡、いや岩手県中の人口の数割が集まっている気がした。
そして、若い世代が多い。
普段生活している地域には子供は絶滅危惧種に近く、若い家族連れなんかほとんど見ることがないのに。

9月の末から10月にかけて3つの小学校で副業。
RIMG1456 (640x480) 大慈寺小は大きな木が多く、歴史を感じる。

RIMG1460 (640x462) 後出しじゃんけん。

RIMG1362 (640x480) さっき袋の中にあったのはどの木の実かな? 東松園小。

RIMG1323 (640x479) 木の実でお弁当づくり! 玉山小。

10月末には安全管理研修をおこなった。
RIMG1502 (320x243) RIMG1510 (640x479)

暇そうだけど、そこそこ働いているよ、というアピールでした。
ま、稼ぎはないけどね。

ジムキョク | Comments(0) | Trackback(0)
2016/09/14.Wed

無電源ペレットストーブ

本日サンポット本社へサンポットホットミーティングなる新製品発表会みたいなイベントへ行ってきた。
まずはお出迎え。
RIMG1254 (479x640)
残念ながらおっ立ち。ゆらゆら身体を揺らすだけ。
笑顔は無理でも、手を振るとか、ぴょんぴょんするとか、ちょっと研鑽が足らない感じ。
でも結構可愛くて好き

さて、目的はこれ。外のテントで燃焼実演していた
説明を聞いていると暑い!
RIMG1258 (480x640)
無電源ペレットストーブ PSH-701OMC。
なかなか画期的だと思う。
[仕様]
本体外形寸法/高さ1,100×幅550×奥行561
燃料タンク容量/15㎏
質量/124㎏
暖房出力/3.0〜6.8KW(2,576〜5,845kcal/h)
燃料はホワイトペレット、または全木ペレット。
今冬発売予定! となっていた。(年は越すらしい。)

RIMG1260 (480x640)
下のカバーを開けると、引き出しが灰入れでその上が灰を落とすためにガサガサやるつまみ。
左右のつまみは風量調節、つまり温度調節になっている。

RIMG1261 (479x640)
横のレバーは燃料の量を調節するところ。つまりこれを閉めれば燃料が落ちない→火が消える。

RIMG1264 (480x640)
燃焼部の上には狭いながらオーブンスペースがある。
よくスーパーで売っている300円くらいのピザ半製品なら入るんじゃないかな、とのサンポットお兄さんの話でした。
天板の上にある焼き芋はここで焼いたもの。
(いただきました。焼き加減、最高でした。)

RIMG1269 (640x480)
燃料タンクは後ろ側になる。
ちょっと入れにくそう。

でも一見したデザインは魅力的だった。
ただし、法律的なしばりがあり、離隔が左右前後1m必要だという。
(これは薪ストーブも同様のはず。)
展示の都合上煙突はシングル管に断熱材を巻いているが、実際設置するときはダブルでなるべく直に、という説明だった。
あーー!着火について聞くのを忘れた!

ついでに隣にある業務用ペレットストーブも拝見。
RIMG1257 (474x640)
以前の鉄板色に比べ、ちょっと渋い良い色合いだ。

メンテナンス性を向上させたのが一番の違いだという。
RIMG1262 (640x500)
後ろの吸排気管も太くなって詰まりを防いでいる。
こちらは今秋には発売予定だという。

決してお土産目当てに行った訳ではないよ。
RIMG1271 (640x479)
砂田屋の酒ケーキと岩大生デザイン、花巻の伊藤染工場作成の絆さくらバック。
もらったから言うんじゃないけど、いいセンスしている。






ジムキョク | Comments(0) | Trackback(0)
2016/03/10.Thu

いわてバイオマスエネルギー導入・活用セミナー

昨日岩手県環境企画課の主催する「いわてバイオマスエネルギー導入・活用セミナー」があったので参加してみる。
160309-1.png 160309-2.jpg
↑このチラシ、研究会のHPにも掲載したのだけれど、終了したからさっさと削除しちゃった。
県のHPからも削除されていた。仕事が早い!
画像を使うために探したら、運営している企業のサイトに残っていた。 

事務局稼業の悲しさ、内容より運営が気になる。
まず参加者数を目測で数える。(←無意識。) ふむ、スタッフ込70名ってところだ。
予定の倍以上集まったそうで、室内は机をどけて椅子だけになっていた。
人いきれで暑い。
そして会場はマリオス8階会議室。
使用料が高くて研究会は使ったことのないところだ。
スタッフは運営しているK社から講師込おそらく3~5名。
仙台にも支社があるけれど講師は東京の人みたいだから旅費だけでも結構かかる。
s-RIMG1331.jpg
県の担当部署からも3人以上は来ているみたい。
5回シリーズなので、これは100万円を軽く超えるな、と勝手な値踏み。

内容はチラシの通りで、まずは概論のような「小規模木質バイオマス利用・買電の発展可能性と課題」。
参加者の顔ぶれは結構見慣れた方が多かったが、その方たちにとってはすでに周知の話と言っていいかも。
ちなみに研究会ではすでに同じ内容で2011年に政策提言している。5年前だ。
Q&Aがどこかに載りそうもないので関係ない事務局がメモしました。
Q:木材の収奪が起こっている中、資源管理の方法は?
A:宮崎で大規模皆伐が心配されている。生物多様性も考慮したうえで小規模山主を集約化し長期計画を立てることが必要だ。
岩手県の場合は広葉樹を利用することも重要。局所的な過伐を避ける必要がある。

お次は株式会社プロマテリアル代表による「国内外におけるバイオマスエネルギーの利活用について」。
木質バイオマスを燃料としてスターリングエンジンを使った発電機会を扱う会社らしい。
何故だろう。
なんかウトウトしちゃった。
途中が消えていたので隣の人にそっと聞いたら「私もウトウトしちゃいました。」と。
でも質疑応答はメモった。(一部だけど。)
Q:ヨーロッパで家庭用の利用はどうなっているか?
A:イギリス、オランダ、ドイツを中心に2万台が売れている。ただそれは税制補助がついているためもある。
売電もできるし、給湯利用が多い。

3番目は紫波の熱供給をおこなっているサステナジーの中尾さん。
この話はすでに何度も聞いている。
現状がどうなっているか知りたかったけどあまり触れられなかった。
Q:温度変動の対応はどうなっているか?価格は?
A:供給する温度の範囲を顧客に約束している。
導入には国土交通省の補助がある。
他のエネルギーと遜色のない価格設定をしていて、一般家庭では年間10万〜12万円の負担となっている。

最後に一言ずつ。
澤田さん:ガス化は燃料を選ぶ。
いくつかの仕組みの組み合わせが有効。資源とエネルギーを地域のニーズに合わせることが必要。
齋藤さん:資源の運用を考慮して供給のしくみをつくる。
中尾さん:熱を使う。誰がどう使うか?山側の供給の仕組みだけでなく、川下の使う仕組みも考えるべきだ。

昨年も再生可能エネルギーに関する同様のセミナーがあったらしい。
で、知人の感想は「昨年度の再生可能エネルギーセミナーは、見事に中身の薄いものでした、、。」
あれま、今回の私の感想と一緒ですだ。

ちなみに研究会が4回まで行った定例セミナーは講師料タダ。
会場費は運営委員の顔でタダ。
当日の進行はたまたま参加した運営委員に突然の無茶ぶり。
でも事務局も本番の賃金はなし。
事前準備とその後の処理で事務所にいる時間給のみ。
なんてったって年間予算が5万円だから。
税金なんかビタ1文使っていないよ。






ジムキョク | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »