2017/08/03.Thu

相の沢昆虫観察会

熊本に住む友人と、瀬戸内の島に住む娘とから「暑い暑い」というメールが来た。
こちら梅雨明けと共に秋がきた。みたい。
快適よ。

先週の土曜日、虫の観察会があった。
子どもが対象だろうからおずおず申し込んだが、快く参加を許可された。
行ってみたら4歳児とそのお父さん、小学校2年生とそのお父さん、それ以外は中高年だった。
そして虫、植物、クモなど、鳥の専門家が同行してくれる超豪華観察会。
いろいろ教わりました。
ニワハンミョウはいかり肩で飛ぶことができる。
マガタマハンミョウはなで肩で飛べない。
へえぇ。
ムラサキシキブの葉っぱで脱皮殻つけて平べったくなっているのはイチモンジカメノコハムシだけど、アオダモについていたらルイスジンガサハムシ。

その他同じにしか見えないコガネムシとかセセリチョウとか教わったけど、これについては全く極めることができなかった。
最も「へえ~~~ぇ」だったのはマルホシハナバエの秘密。
マルホシハナバエRIMG2711
こんなに愛らしい見た目で花粉とか食べているのに幼虫時代はヤドリバエなんだって。
カメムシに寄生して、寄主のサイズによって成虫のサイズが大きくなったり小さくなったりするんだって。

その他にも素敵なイモムシたちをいろいろ見ることができた。
群れでウコギ科の葉っぱをモリモリ食べるのは
ハリギリモンキハバチRIMG2702
ハリギリハバチ。

触るとブンブン上半身を振るのは
フクラスズメRIMG2708
フクラスズメ。

よく目立つツヤツヤな体に顔面逆Vサインは
キクセダカモクメRIMG2720 キクセダカモクメRIMG2718
キクセダカモクメ。

実に実り多い観察会で大満足。

味をしめて、明日は八幡平昆虫観察会に参加する。
楽しみ
ムシ | Comments(0) | Trackback(0)
2017/07/28.Fri

しぶとく復活! ネットの中。

2カ月も空白ができた。
復活!
止めないよ。
2005年の6月から私物化して12年。
止めてなるものか。
というか、自分の備忘録だから止めると何かと困る。
この機に、さりげなく修正もしてみた。

年々気候がおかしくて、今年の盛岡は7月半ばに真夏があって、只今梅雨真っ只中。
順番間違ってないか?
あっちの偉い人とか、こっちの偉い人とか「経済最優先」とか言ってるから狂っちゃうんじゃないか?

さて、今年も畑は元気いっぱい。
正確に言うと畑の雑草は元気いっぱい。
アブラナ科の面々を守るため、ネットを張ってみた。
ネットRIMG2677

畑前の奥様(畑の師匠と呼んでいる。)が一言、「無駄よ。」
中身はブロッコリー、カリフラワー、キャベツ、芽キャベツ。
カリフラワーはほどほどで収穫。(恐ろしいほど堅かった。)

ネットの中で何やらパタパタしているのが見える。
犯人たちRIMG2687
モンシロチョウs。10頭以上が大騒ぎ。
お前ら、なにやってんだーーー!
青虫たち今までネットに守られてすくすく育ったらしい。
「おかげさまで元気な成虫になりました。」
逃がしてやりました。
元気の素のおいしい餌はネットの中で無残な状況になっていた。
虫食いRIMG2679


ムシ | Comments(0) | Trackback(0)
2017/06/01.Thu

イモムシたち

大好きな5月が駆け抜けぬけた。
真夏日とかあって、ここは高知?
新緑があれよあれよで夏の緑になり、イモムシたちも対応に苦慮しているのでは?
年と共に対応範囲が狭まっているせいか、やらなければならないことなんか増えているわけでもないのに、いっぱいいっぱい感は増加の一途だ。

耕作は待ってはくれない。
でも早すぎてもダメ。
3月中に種蒔きしたレタス苗は5月に入ってから蒔いたものより成長が悪かった。
トマト、ナス、ピーマン、枝豆、トウモロコシ…植えたぞ、蒔いたぞ。
そんな時、畑の縁に植えてあるブラックベリーに怪しい影が。
RIMG2384 ドクガ
イモムシハンドブックで調べたところ、これって「ドクガ」!
イモムシラブなんか言ってられない。
ドクガ退治
完全武装で戦った。
が、暑い。
卒倒寸前に地主さんが灯油ポリタンとバーナーを持って現れ、ボオッと燃やしてくださいました。
手袋を外したら、ビシャッと汗が束で落ちた。

山の木にはイモムシがいっぱい。
ツツーッと降りてきた目立ちたがりの2種。
RIMG2371 オオノコメエダシャク RIMG2366 ヒロオビトンボエダシャク
オオノコメエダシャクとヒロオビトンボエダシャクらしい。
ボーダーパラダイス
ムシ | Comments(0) | Trackback(0)
2017/03/31.Fri

フユシャク 今日も

膝が痛い。
買い物を済ませた車の中でしばし膝を抱えてうなっていた。
膝の痛み対策に有効なのは2つ。
1.筋トレ:やっているよ。それなりに=ささやかに。
2.減量:不思議なことに近頃増量してきた。いや、心当たりはあるing。
気づいたのだが、雪道<土道<舗装道路 の順に衝撃が伝わる。
つまり、都会の生活は精神的だけでなく、物理的に無理。

前回の収穫に気を良くしてまたフユシャク詣でに行った。
ちょっとレアな2匹バージョン。
RIMG2074 (640x480)

いつもじっとしているだけかと思っていたが、

[広告 ] VPS

ダッシュもできるんだ

♂にもお会いすることができた。
RIMG2090 (479x640) RIMG2077 (640x480)
ウスバフユシャクとシロフフユエダシャク  だろうか。自信がない。

ここ数年減っているような気がしていたが、そうでもないかも。
卵塊も数カ所あって、
RIMG2093 (640x454)
これは産んでいる途中で母親の腹毛が不足したらしい。

年度末で巷の人たちが大忙ししているとき、膝を抱えていたり、フユシャク詣でしていたり、なんとなく非国民の気分。
都会ではサクラが開花したと騒いでいるけど、非国民はこっちの花に、より感動する。
RIMG2096 (640x479)



ムシ | Comments(0) | Trackback(0)
2017/03/24.Fri

混沌

ワールドワイドな場で汚い話は慎むべきだけど…。
更新が滞ってアクセス数がいつも以上に減ったこの隙に。

今日は午前中畑に行って、冬場に吹っ飛んだマルチを修復し、エンドウ豆を蒔いた。
結構時間がかかって、家に戻ったのは1時半を過ぎていた。
すきっ腹ですぐに朝の残りで昼食とする。
と、待っていたかのように猫1がゲロ。
わぁーーー!
知らないもんね。食事が済むまで気づかなかったことにしよう。
すると、別なところで猫2がゲロ。
ぎゃーーー!
と、猫3が猫1のゲロを食べている。
やめてくれ―――!
こういうのをカオスというのだろうか。

さて、この季節のお約束。
先週末フユシャク詣でで収穫があった。
RIMG2033 (800x599)

RIMG2030 (640x481)

旦那もいたよ。
RIMG2044 (614x800)

同じ日、サクラの朽ち木の皮を剥がしたら
RIMG2007 (800x599)

ヒメツノゴミムシダマシというのだそうだ。
一緒に潜んでいた奥様には角がなかった。
が、この角、どうみても役立たずで、オスだけに付いている理由がわからない。
ムシ | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »