FC2ブログ
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2018/05/18.Fri

西遊記

報告が遅くなったが、連休後半に高知→周防大島を西遊した。
高知へ行くならなんといっても牧野植物園。
正しい阿片の元も今を盛りと咲いていたが、驚いたのがトビカズラというつる植物。
RIMG3769トビカズラ
この画像だとわかりにくいが1つの花が5センチ以上あって、巨大クズといった感じ。
全体像は
RIMG3768トビカズラ
近辺の木を這い上がり、このままでは植物園が征服されそうだ。

その日の夜にフェリーで周防大島に渡った。
その間、トラブルの数々。綱渡りでクリアした自分の幸運を祝福する。
この島に三女が10年近く住んでいる。
RIMG3810よっぺ自宅
2日半滞在して2日雨だった。
そう、三女は昔から雨女として有名だった。
それでも、盛岡で見ることがなかった虫や花との出会いが楽しかった。
RIMG3790クズノチビタマムシ 
クズノチビタマムシがぞろぞろ居たし、シロシタホタルガでなく、ホタルガ幼虫がヒサカキをせっせと食べていた。
RIMG3792ホタルガ

道路縁をびっしり紫に染めているのはどうせ外来種だろうと思ったが
RIMG3801タツナミソウ タツナミソウだった。

観光地にも行ったよ。
RIMG3812宮島

RIMG3813宮島

クズノチビタマムシより、おそらく群落のタツナミソウよりずっと数の多い観光客に人アタリする。

ちょっと離れた水族館ではさすがのご当地真っ赤っか展示が面白かった。
RIMG3821カープウミウシ

そして、帰りの飛行機に乗り遅れた。


スポンサーサイト
ムシ | Comments(0) | Trackback(0)
2018/05/04.Fri

擬木の上はワンダーランド

山菜採りを生きがいとするおじさんが言っていた。
「今年のコゴミは出たときには万歳していた。」
そう、丁度の芽出しの時期の気温があまりに高く、出たと思ったら開いてしまったのだ。
こうして今年もダッシュで春から初夏となる。

これでは植物の生長と共に生活史が決まる虫たちは大迷惑だ。
心配になっていつものマイフィールドの擬木巡りをする。

ネコハエトリグモが姿を消し、
RIMG3741デーニッツハエトリ
デーニッツハエトリ?ハエトリグモハンドブックを買って、一生懸命調べたけど、よくわからない。

夏にクズの葉をせっせと食べているコフキゾウムシが擬木上に。
RIMG3729コフキゾウムシ

何よりのヒットは
RIMG3717ムシクソハムシ
ブツブツの指サックのようなもの(約2㎜)の中から顔半分と足を出している。
連休中で暇な家人が調べた結果、おそらくムシクソハムシ幼虫と判明。
成虫もあこがれているが見たことがない。

思いがけずフユシャクの卵は結構あった。
が、せっかくお母さんが腹毛を被せてくれたのに、それが剥がれ、一部崩壊している卵もあった。
こいつが怪しい。
RIMG3746何か咥えたアリ

散り始めたカスミザクラの花びらをせっせと食べている優雅なシャクガイモムシもいた。
RIMG3749シャクガ?
ムシ | Comments(0) | Trackback(0)
2018/04/24.Tue

はーるがきーたー、はーるがいーくー

1か月以上の更新停滞のときに現れるスポンサーサイトが何故か毎度ダイエット関連なのが腹立たしい。
どういう嫌がらせよね。

4月前半は雪が降ったりしたのに先週末は存在するだけで汗が出る暑さだった。
一気にサクラが開花し、今週末には散ってしまうだろう。
春が来た喜びもつかの間、夏が来る恐れにおののく。

とはいえ林に入ると足元に春の妖精が咲き
RIMG3681ヒメイチゲ ヒメイチゲ

RIMG3666ヤマエンゴサク ヤマエンゴサク

RIMG3621カタクリ お馴染みカタクリ

山ではクマに次ぐ主に出会う。
RIMG3563カモシカ 盛岡市のカモシカ。

RIMG3576カモシカ 一関市のカモシカ。
人に会った時に走って逃げたりはしない。
RIMG3577カモシカ スタスタスタスタ。

そして嬉しかったのが6年ぶりの再会
RIMG3606アシベニカギバ アシベニカギバ。
名前を覚えていた自分を褒めた。

おむすびを食べている目の前に着陸したこいつは
RIMG3673ウスアカオトシブミ
ヒゲナガオトシブミ♀かと一瞬思ったけど、なんか違う。
ちょっと小さいし、ちょっと顔が短い。
帰って「オトシブミハンドブック」を調べ、おそらくウスアカオトシブミということにした。
この違いに気づいた自分を褒めた。
クサキ | Comments(0) | Trackback(0)
2018/03/13.Tue

探鳥会

日曜日に野鳥の会もりおかの恒例探鳥会に参加した。
丁度北に帰る鳥たちが上空を盛んに飛んでいく。
RIMG3385渡り
残念ながら野鳥の会の方々のような立派なカメラを持っていないので、ゴミが舞っているとしか見えない画像。

皆さまの会話。
「あ、ハクチョウに2羽マガンが混じっていますね。」
「大きければヒシクイ、そうでもなければマガンです。」
「今日は多いですねぇ。」
「大安吉日なんじゃないかしら。」
「あれ?戻っていく群れがいる。」
「忘れものじゃないの?」
「ダンナだったりして。」
「ダンナだったら置いてったんでしょ。」

世界の偉い人たちの怪しげな会話と違って平和でした。
ただし、高松の池は凍った表面が溶けて完璧ツルツル状態。
RIMG3390高松の池ツルツル
これでは鳥でも滑るのだろう。
誰も氷上にはいなかった。

実は職場の駐車場もこれと同じ状態。
だから仕事に行かない。
というのは言い訳で、またミスしちゃって…。

自分のミスから逃げるため、昨日も一人フィールドを歩いた。
1週間前に1歩ずつズブズブ落ちて、住宅街の中なのに遭難するかと思った遊歩道が、もう固くなっていて歩きやすい。
RIMG3391フユシャク
お馴染みフユシャク♀。1匹のみ。
ダンナはどうした?置いてきた?
RIMG3378シジミチョウ卵
コナラの冬芽に張り付いているのはミズイロオナガシジミ?

そしてこの時期のお楽しみ、樹皮バリバリ剥がしをしたら、出てきたのがこいつ。
幼虫RIMG3407キマワリ
あー、知ってる!
図鑑に「スプーンでこそげとったような尾部」って書いてあるキマワリ。

これは
RIMG3398ゴミムシ?
調べたけどわからなかった。

まだ朝晩は冷えるのにごめんなさい。

その他イキモノ | Comments(0) | Trackback(0)
2018/03/10.Sat

春遠からじ・・・・・?

冬が終わった!   っぽい。
気温はそれなりで雪も溶けてつつある。
やったーぁ、春が来るんだ!  のはず。
ほおら、梅も咲いたよ。
梅KIMG0279
若干人工の気配があるけど。

一昨日ラジオでパーソナリティーのおじさんが「来週は春になりますね。最低気温も-6℃とかその程度です。」って。
いやいや-6℃って春の気温じゃないでしょ。
今冬の寒さで感覚が狂ったみたい。

冬を惜しんで雪の上の足跡コレクション。
RIMG3321小鳥足跡
ツグミかな?カラス?それともハト?

こちらは水かきがはっきりしているカモの仲間。
RIMG3359カモ足跡
そしてテンに似ているけどずっと小さいこれは
RIMG3366イタチ科足跡 RIMG3364イタチ科
オコジョかな?それともメスのイタチ?

さて明日の天気はどんなかな?
朝の最低気温が-8℃だって
その他イキモノ | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。