FC2ブログ
2018/10/06.Sat

生物多様な畑

今年も畑仕事をしている。
実際のところ、他の何より時間的にも体力的にも投入しているような気がする。

そして今年もチュウ害がひどい。

春の玉ねぎ、ニンニクの収穫。
玉ねぎ畝にニンニクを混植すると良い、と教わった。
ニンニクは無事だった。
玉ねぎは葉っぱが倒れて収穫期と思ったところが、下の本体はなかった。
タマネギねずみ ←想像図。

ニンジンもことごとく上だけ。
ニンジンねずみ ←想像図

まさかのゴボウもボロボロ。

先日耕していたらネズミが走り出てきた。
そのまま隣の畝の穴に逃げ込んだ。

更に耕していたら、別な奴がひょっこり顔をだした。
ねずみ顔出し
しばらくキョトンとしていたが、大慌てでこれまた隣の畝に。
ただ、のろかったので後ろ姿の全貌が見えた。
ねずみお尻
尻尾が短い。
ハタネズミと知る。
それにしても、可愛い!
とても直接手をくだすことはできそうにない。

が、実はネズミ穴からヘビが出てきたことも2度ある。
ヘビさん、どうぞたんと召し上がれ。

今後の収穫物である大根、サトイモ、サツマイモ、落花生が不安だ。
とりあえず大根畝の空いているマルチ穴に栗のイガを埋め込んでみた。
イテテテ、で大根をあきらめることを期待している。
自分が手を突っ込んでイテテテになる可能性の方が高いけど。
その他イキモノ | Comments(0) | Trackback(0)
2018/09/22.Sat

プラタナスグンバイ

岩大の教育学部入口、体育館前のプラタナス並木がヘン。
RIMG4358プラタナス並木
妙に黄ばんでいて、葉っぱがなんとなくくすんでいるのだ。
近寄って葉っぱをめくってみると、
RIMG4320プラタナスグンバイ
こんなのがいた。
これ、知っている。
http://wbiwate.blog58.fc2.com/blog-entry-744.html
4年も前になるのか。レースみたい!って思った。
顔はハトの幼鳥?
ただし、葉っぱの裏は
RIMG4317プラタナスグンバイ
こいつがぎっしりで、どうやら黒いのは幼虫のようだ。
何しろグンバイだから、触るとバラバラ跳んでいく。
葉っぱを動かすと、ぎっしりがバラバラ跳んで汗をかいた顔にも腕にもペタペタ貼りついて、かなり気色悪い。
クサキ | Comments(0) | Trackback(0)
2018/08/21.Tue

毛虫いろいろ(閲覧注意)

午後10時現在室温28℃。
盛岡はお盆を過ぎれば涼しくなる、というのが今までの常識。
今年は常識破り。
今後1週間の気温を見て絶望的になり、様々な天気予報を検索する。
これって無意味だと知りつつ。

いつもの擬木街道を歩くとムクムクが2種居た。
RIMG4238クビワウスグロホソバ クビワウスグロホソバ
RIMG4239ヨツボシホソバ ヨツボシホソバ
この暑い中毛皮着てるよ。

そして昨日行った安比高原であこがれのステキ毛虫発見。
RIMG4247ハンノケンモン ハンノケンモン

こちらは毛皮というより突起。

ムシ | Comments(0) | Trackback(0)
2018/08/19.Sun

3カ月余たって

気づけば季節はもうすぐ秋。
それにしても7月から8月前半は暑かった。
過去天気を検索すると最高で35℃だから世間の常識では「なんのなんの」なんだろうが、個人的には限界を超えていた。

さて、この春の最大トピックはヒトツメカギバ!
ミズキの植物標本を作っていた人が「なんか連れてきちゃいました。」とくれたのが
RIMG4036ヒトツメカギバ幼虫
ジャノメチョウでもないのに猫顔!

数日後
RIMG4039ヒトツメカギバ蛹
蛹になった。
ただしこの画像は成虫の出た後の蛹カス。

そしたまた数日後(←正確な日数がわからないところがいい加減人間の本領発揮。)
RIMG4042ヒトツメカギバ成虫
成虫登場!
いや、実は気づいてなくて、そろそろ餌を取り替えなくちゃね、と容器を開けたら居た。
大きな声では言えないけど、せっかく幼虫を蛹まで育て上げても、羽化しない場合の方が多かった。
人はこれを虐殺という。
ごめんなさい。
だからこそこの成虫登場は本当に嬉しかった。

3カ月余りの空白期、いろいろあったけど一昨日未明におはぎが星になったのは本当に悲しかった。
http://video.fc2.com/content/20170202pp0DsWTR/&otag=1&tk=TkRVNE1EYzFNVE09
連日続く灼熱の日々、ぐったり寝てばかりだったけど、その後急激に弱ってわずか1週間ほどで逝ってしまった。
こんな異常な気象にしたのは誰?
おはぎだけでなく、いろんな小さな生き物、弱い生き物がとばっちりを受けているだろうと腹がたって仕方がない。

ムシ | Comments(0) | Trackback(0)
2018/05/18.Fri

西遊記

報告が遅くなったが、連休後半に高知→周防大島を西遊した。
高知へ行くならなんといっても牧野植物園。
正しい阿片の元も今を盛りと咲いていたが、驚いたのがトビカズラというつる植物。
RIMG3769トビカズラ
この画像だとわかりにくいが1つの花が5センチ以上あって、巨大クズといった感じ。
全体像は
RIMG3768トビカズラ
近辺の木を這い上がり、このままでは植物園が征服されそうだ。

その日の夜にフェリーで周防大島に渡った。
その間、トラブルの数々。綱渡りでクリアした自分の幸運を祝福する。
この島に三女が10年近く住んでいる。
RIMG3810よっぺ自宅
2日半滞在して2日雨だった。
そう、三女は昔から雨女として有名だった。
それでも、盛岡で見ることがなかった虫や花との出会いが楽しかった。
RIMG3790クズノチビタマムシ 
クズノチビタマムシがぞろぞろ居たし、シロシタホタルガでなく、ホタルガ幼虫がヒサカキをせっせと食べていた。
RIMG3792ホタルガ

道路縁をびっしり紫に染めているのはどうせ外来種だろうと思ったが
RIMG3801タツナミソウ タツナミソウだった。

観光地にも行ったよ。
RIMG3812宮島

RIMG3813宮島

クズノチビタマムシより、おそらく群落のタツナミソウよりずっと数の多い観光客に人アタリする。

ちょっと離れた水族館ではさすがのご当地真っ赤っか展示が面白かった。
RIMG3821カープウミウシ

そして、帰りの飛行機に乗り遅れた。


ムシ | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »